当院は、気軽に相談に行ける『こころの病院』を目指しております。

アルコール依存症とは?

 アルコール依存症は、お酒を飲む人ならだれでもかかる可能性があります。
患者数は全国で約80万人と言われていますが、専門的な治療を受けている方は多くはありません。
 アルコール依存症は、長い間お酒を飲み続ける事によって病気は進行し、お酒なしでは生活が出来なくなってしまう病気です。
 お酒を飲まないとソワソワする、不安になる、お酒が切れるとイライラする、手が震える、眠れない…など様々な症状が出てきます。
 アルコール依存症の患者さんは、「自分は依存症でない」と否認し、飲酒の害にうすうす気づいていても自分から専門医療機関を受診することはほとんどありません。
 家族や周囲の方がアルコール依存症の理解を深めることが、治療の第一歩です。

よくある症状
スクリーニングテスト
当院の治療について